So-net無料ブログ作成
検索選択

中村桜洲の家族、親との関係は冷えきっていた!?

『中村桜洲の家族、親との関係は冷えきっていた!? 』

についてお届けします。





和歌山県紀の川市で発生した

中村桜洲容疑者と小学5年生との間で発生した事件で

今回の事件が中村桜洲容疑者の親と関係があるのではないか

といったことが噂されています。



1a4b0083-s.png



【スポンサーリンク】







中村桜洲容疑者は学生の頃より、うつ病に掛かっていました。



当時の同級生からは、



「物静かな感じ」

「ところどころ不思議な感じ」

「掴みどころがない」



その他、奇声を発したり、体を大きく動かしたりなど

異常な行動も目立っていたようで

学校内での生活において少し浮いた感じの学生だったようです。





その当時から中村桜洲容疑者の親は

病気であることを認知していましたが、

あえて病気ではなく、個性だと主張していたようです。



さらに本人の自主性を重んじるということで、

その気持を察し、病院には連れて行かなかったようです。





その後、中村桜洲容疑者は高校受験で志望校に不合格になり

そのことが原因で、父親の顔に泥を塗り

プライドを傷つけたとしてその後、

親子での会話がほとんどなくなったとのことでした。



志望校に不合格になった中村桜洲容疑者は、

和歌山県立和歌山工業高等学校へ進学するも

その学校でうまく馴染めずにイジメに合い

途中で学校を中退してしまいます。



【スポンサーリンク】







その後、以前より患っていたうつ病がさらに悪化してしまい

遂には、日中に外出できないようになっていまいました。





うつ病のこと、親との確執などのストレスから

そのストレスを発散させるために、

日が落ちた夕方以降に外に出ては

大声で叫んだりヌンチャクを振り回したりしていました。





その後、病気の悪化からか持ち歩く物が

ナタや木材を加工するために使う工具など

危険な物に変わっていったとのことです。



当時は奇声や危険な物を持ち歩いていましたが

特に問題など起こしていなかった為、

警察なども特に問題にはしていなかったようです。





しかし、朝と夜が逆転した中村桜洲容疑者は、

次第に自律神経に影響がでてしまいました。



その影響からか、

当時から中村桜洲容疑者と交流があり

2人でいることを何度も目撃された

今回被害にあった小学生との間に誤解を招いたようです。



その誤解とは、病気の進行から

自分の周りの全てが敵に見えてしまい

自己防衛の為に気持ちをコントロールできなくなったことで

いつものように中村桜洲容疑者に気づき眺めていた

小学生がバカにしたような目で見ていた

思い込んでしまい、いつ日にからか

その小学生に対して竹の棒などで威嚇していたようでした。





中村桜洲容疑者と親とは受験の失敗や

病気で外に出られないことから親子関係が疎遠になった為、

外での出来事も話せずストレスが溜まり続けたのではないでしょうか。



もっと、親身になってその病気に対して対応していれば

今回のような事件にならなかったのかもしれませんね。





以上

『中村桜洲の家族、親との関係は冷えきっていた!? 』

についてお届けしました。



最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます



中村桜洲や父親の今は?ついに容疑を認めた!?

中村桜洲のツイッターのアカウントが異常すぎる!

中村桜洲の動機が判明!親の責任に問題が!?

中村桜洲の父親の大学名、仕事や私生活について!

中村桜洲の姉は結婚している!?今回の事件で離婚の可能性は!?



【スポンサーリンク】



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。