So-net無料ブログ作成
検索選択

和歌山の事件で中村桜洲の姉の存在を隠していた理由とは!?

和歌山の事件で中村桜洲の姉の存在を隠していた理由とは!?』

についてお届けします。





和歌山で起きた中村桜洲容疑者と

小学5年生の男の子とのトラブルで

事件の発生直後、父親があることに関して

虚言をついていたようです



1a4b0083-s.png



その内容とは・・・



【スポンサーリンク】







和歌山で起きた事件で中村桜洲容疑者の父親が

隠していた内容とは、

家族構成についてでした。



聞き込みを調査していた関係者に対して

家族は3人であると断言していたようです。



実際のところは中村桜洲容疑者の上に

2人の姉がいますが

父親が姉の存在を隠したのには理由があったからだとされています。





中村桜洲容疑者の父親は厳格な方で、

子供に対して一流の人間になってほしい

子供達が学生の頃より力を注いでいました。



そして1番目の姉は父親の期待に答えれる

エリートコースに乗ることができ

一流の外資系の重役のポストに就くことができました。





しかし2番目の姉に関しては、

1番目の姉のようにエリートコースに乗ることができず

高校受験に失敗してしまい

その後、父親との関係に大きな溝ができてしまいました



さらにそのことが原因で、外で問題を起こしてしまい

様々な機関の厄介になっていたとされています。



【スポンサーリンク】







中村桜洲容疑者に関して、近所の住民からの情報では

常に優秀な1番目の姉と比較されて育っていたとのことです。



もしかすると、2番目の姉も受験の失敗から

中村桜洲容疑者と同様な比較がされていたのかもしれません。





そんなエリート思考で大学の教授の肩書から

世間体を気にして2人の姉の内、

1番目の姉は優秀で存在を隠すよりも

自慢できる存在でしたが、

2番目の姉に関しては、エリートコースから外れた

父親の視点からは問題児だった為

公に存在を晒すことをさけたのではないかと推測します。





もし、その推測が事実であるとしたならば

中村桜洲容疑者や2番目の姉にとって

学生生活は非常に過酷な日々だったのではないでしょうか。





父親が中村桜洲容疑者の心の病に対して

病院へ連れて行かなかった理由として

本人の自主性を重んじているとのことでしたが

果たしてそのことが真実であったのかどうか

少し疑問に思ってしまいます。





あくまで、私一個人の考えですが

エリート思考にして心の病気というものは

存在してはならないものであり

そのようなことが息子に起こっていることを

病院に知られてしまうことすら

父親にとっては耐えられなかったのかもしれませんね。



その為、今回の和歌山で発生した事件当初

聞き込み捜査をしていた関係者に対して

姉の存在を隠していたのではないでしょうか。





以上

『 和歌山の事件で中村桜洲の姉の存在を隠していた理由とは!?』

についてお届けしました。



最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます



中村桜洲のほっぺたを膨らませる心理が判明!!

中村桜洲の姉の職業は医師!?気になる最新情報!

中村桜洲のツイッターのアカウントが異常すぎる!

中村桜洲の動機が判明!親の責任に問題が!?



中村桜洲の家族、親との関係は冷えきっていた!?



【スポンサーリンク】





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。